人生 沢あり谷あり このページをアンテナに追加 RSSフィード

2006-04-29

[]「アルプス一万尺」に関するまとめ 04:14 「アルプス一万尺」に関するまとめ - 人生 沢あり谷あり を含むブックマーク はてなブックマーク - 「アルプス一万尺」に関するまとめ - 人生 沢あり谷あり 「アルプス一万尺」に関するまとめ - 人生 沢あり谷あり のブックマークコメント

たぶん誰もが知っている、「アルプス一万尺 小槍の上で アルペン踊りを さあ踊りましょ♪」の歌について。

  • とりあえず、「小槍」を「子やぎ」だと思っている人が尋常じゃなく多い。
  • なんとなくスイスアルプスを連想してしまうが、実は日本北アルプスの歌である。
  • 小槍とは、槍ヶ岳の本ピーク(大槍という)のそばに聳える岩峰のこと。
  • 一万尺は3,030m。小槍の高さも3,030m。
  • 小槍の上はたたみ一畳ほどの狭さ。そこで踊るのは自殺行為である。

ここらへんまでは、登山者的には基礎知識のレベル。ここから本番。


アルプス一万尺の歌は、なんと29番まである。

こへだ(Burst Error)のつぶやき:続々・アルプス一万尺の謎に全歌詞あり。これが結構ひどい。

つまり、ここの部分は登山者の目には以下のように映る。

    • 槍と穂高を 番兵において お花畑で ウンコする
    • 槍と穂高を 番兵に立てて 鹿島めがけて ウンコする
    • 槍の頭で 小便すれば 高瀬と梓と 泣き別れ

とくに27番は、「槍ヶ岳頂で小便をすれば、北に流れた部分は高瀬川を流れていき、南に流れた部分は梓川を流れていく」という意味の、山屋以外には決して理解できない奥深い歌である。


正直、スイスの美しい情景を想像しながらこの歌を歌っている子供たちが哀れでならない。

  • 28-29番:最後の「まめで逢いましょ」は「達者で会いましょう」の意。

それにしてもこの歌詞、ぜんぜんを知らない人のキジ、じゃなくって記事だから信用できるんだけど、もしこれを普通山屋が書いていたら「またまた、そんなネタ話を」って思っちゃうな。それぐらいベタ


さらにこのへんを知っておけば、アナタも「アルプス一万尺」博士

  • 岩魚釣る子に 路を問えば 雲の彼方を 竿で指す(3番)
  • ザイルかついで 穂高へ 明日は男の 度胸試し(21番)

あたりはそのまんまだし、

  • まめで逢いましょ また来る年の 踊る輪の中 月の夜に(安曇節)
  • まめで逢いましょ また来年も で桜の 咲く頃に(29番)

なんかも元の歌詞の面影が色濃く残っている。


悲惨なのは、やっぱりコイツだ。

  • 槍で別れた 梓と高瀬 めぐり逢うのが 押野崎(安曇節)
  • 槍の頭で 小キジを撃てば 高瀬と梓と 泣き別れ(27番)

元の歌詞はきれいな歌なんだがナー。


アルプス一万尺の歌における最大の謎「アルペン踊り」に関しては、また後日かく予定。

*1アルプス一万尺のほうがオリジナル、って可能性もないわけではないが。