人生 沢あり谷あり このページをアンテナに追加 RSSフィード

2006-05-07

[]丹波川おいらん淵 00:21 丹波川おいらん淵 - 人生 沢あり谷あり を含むブックマーク はてなブックマーク - 丹波川おいらん淵 - 人生 沢あり谷あり 丹波川おいらん淵 - 人生 沢あり谷あり のブックマークコメント


花魁淵 - Wikipedia

これといって目新しい情報もないが、いちおうメモっとこう。

  • 丹波川本流~おいらん淵は、関東沢屋なら一度は足を運ぶ、沢登りの超メジャールートである。
  • おいらん淵伝説じたい、名所作りのためのでっちあげという説があるが、どうか。
  • 2005年の土砂崩れで埋まってしまったと聞くが、あれからどうなったか。

[][]沢と看板 02:22 沢と看板 - 人生 沢あり谷あり を含むブックマーク はてなブックマーク - 沢と看板 - 人生 沢あり谷あり 沢と看板 - 人生 沢あり谷あり のブックマークコメント


フリーと本ちゃんのはざま:セドノ沢遡行

最後の堰堤を越えてしばらく行くと、本谷のF1。で「本谷F1」の大きな看板。おいおい、沢でこんな看板はないだろう、と思いながらいくと「セドノ沢分岐→」という看板。もうここで完全にこの沢が嫌いになった。

看板をつけることが、地図も読めない人たちの入渓を促していないだろうか。クサリをこれでもかと設置することが、本当に安全なのだろうか。


たしかに、あのあたりの沢はサービス過剰の感がありますね。

まあでも、設置するほうも遡行するほうも、丹沢の初級クラスの沢は「ちょっと難しめの登山道」程度のノリなんじゃないでしょうか。一般登山道なら看板も鎖もOKで、沢だとNG、という線引きもちょっと違う気がしますし。


へんにバリエーションルートを特別扱いする必要はないというか、ハイカーの人でも安心な整備された沢ルートなんてのがあってもそれはそれで良いんじゃないかと思います。沢はレベルの高い沢屋だけのものではありませんしね。


ちなみに、個人的にはあの遊園地じみた雰囲気が新鮮なのでちょっと好きです。<丹沢の看板

snprategonsnprategon2013/11/23 08:49xgqzkzbnb.ofub, <a href="http://www.oqeozamnol.com/">olmitzzjma</a> , [url=http://www.aylysvetoq.com/]jnbsarmsxq[/url], http://www.olclhhxjjn.com/ olmitzzjma

yotdjwlsvcyotdjwlsvc2014/01/12 14:21uruqkzbnb.ofub, <a href="http://www.egobjjfity.com/">qufhviodqr</a> , [url=http://www.xtfaypygsh.com/]uxmtownoch[/url], http://www.kzlldpyfnr.com/ qufhviodqr

トラックバック - http://yama-neta.g.hatena.ne.jp/castaways/20060507